ワーク特徴 まとめ

*ローズチャクラ覚醒ワーク

【生命の泉から菩薩のような聖母マリアによって手渡されたヒーリング効果の高い錬金術です。女性性が強く、母性や包み込む、育むといった優しい要素があります】
各種覚醒・変容を促す錬金術ワークの中でとても優しいタイプです。
まずはここから始められる方が多いと思われます。

*ライジングフェニックス

【内側から燃え上がらせることでの変化を促す錬金術です。流れを整えながら本来のパワーを喚起し、具現化力を高めます】
ワークの中でも古株のタイプ。内側からパワーを持ち上げていく、具現化力を高める、自分の中での流れがよくなるという点で三、四次元的な効果のあるワークです。

*グレースオブ・メタトロン

【大天使メタトロンの本質を炙り出すパワーにより、恐れや闇を光と統合し、魂の選択・自己表現力を高めます】
ローズチャクラ覚醒ワークと比較検討されることの多いワークですが、性質としてはかなり異なります。これは《闇を利用し、闇を反転させて増幅する》パワーによるもので、変化変容のパワーが今のところ最も大きいと言えるでしょう。 隠された部分を炙り出して本質と向き合わせる要素が大きいためローズチャクラ覚醒ワークに比べて、ちょっと勇気がいるというお声もあります。

*ドラゴンガイダンス

【一人一人を導いているドラゴンが物質界の生活に必要なエネルギーやプロテクション、エネルギーチャージを行います】
地球にグラウンディングしていくパワー。ドラゴンの具現化力をスパイスにしているため、地上での生活に必要なエネルギーチャージに役立ちます。ライトワーカーのエネルギーチャージ、一人一人が持っている龍性にチャージされていくワークです()。
ドラゴン・フェニックス系伝授講習を受けていなくても大丈夫です。